富士山

9月の初旬に、富士山に登りました。

 

台風接近で危ぶまれた天気も

あっけらかんと快晴。

 

色々心配しても、いざという時信じるのは大事ですね。

 

一つ感想をあげます。

「日本一の富士山だ。」

 

皆に愛される富士山だ。

誰しもが見る富士山。

登る人もたくさんいる富士山。

日本人だけじゃなくて、外国人もたくさん登っていました。

 

(半袖半パンスニーカーで登ってたけど)

分からないもんね。

日本=富士山

だから登らないと勿体ないもんね。

 

寧ろ、外から見てもそのイメージがクッキリあることに感心しました。

 

総じて、楽しかった。

 

アルプスに比べ、心に訴える壮大さは控えめでしたが、

活火山という、生きた山を登る感覚。

それでいてなだらかな山稜の美しさ。

誰しもの心のふるさと

であるぬくもり。

 

他のどの山にもない、

「富士山は富士山」でした。

 

連れが登山初心者でしたが、

それでも登れました。

女の子や子供もたくさんいました。

 

誰もが登れて

この感覚を味わえるのは、日本で、世界で、

富士山だけでしょう。

 

この山が文化遺産に登録されたことも

今回腑に落ちました。

 

山に登る人も

そうでない人も

人生に一度は、ぜひ。

 

 

 

f:id:jime-zawaaan:20170916180409j:image

 

 

f:id:jime-zawaaan:20170916174954j:image